男性器が小さい原因とは

短小を本気で克服したい方必読。ユーザー満足度が高い増大サプリ人気ランキングベスト5を発表!
最適な増大サプリをご紹介

■男性器が大きい人と小さい人の違いとは

男性器を大きくするためには、男性器が小さい原因を知る必要があります。男性器が小さい原因は以下の3つです。

●生まれつき

男性器が小さい一番の原因は生まれ持った体質です。

生まれつきで男性器サイズが決まっていると言われるともう買えられないのかと思いがちですが、実はそうではありません。

ここで言う体質とは、生まれたときから男性器のサイズが決まっていることではありません。

男性器が大きく成長するために必要な成分が体内で生成されにくい体質ということです。

身長のように生まれもった遺伝で男性器の大きさが決まっているというわけではありません。男性器の成長に必要な成分を効率よく摂取することにより、これからいつでも男性器を成長させることができるのです。

●下半身の筋肉不足

下腹部の筋肉が弱い人や太っていておなかが出ている人は男性器が小さい傾向にあります。原因は下腹部から男性器につながっている筋力が不足していることです。

男性器は海面体細胞という細胞で構成されていますが、その周りを下腹部からつながっている筋肉とおしりからつながっているPC筋という筋肉で支えられています。

勃起というのは海面体細胞が血流を吸収して膨張することにより男性器が大きくなります。さらに男性器の根底の筋肉が緊張して男性器をつり上げるような形になることによりそそり立つ男性器という形になるのです。

この男性器を構成しているPC筋と下腹部の筋肉が弱っていると、力強い勃起男性器ではなくへなへなした男性器になってしまうということです。

男性器を構成している筋肉が弱かったり太かったりしている人は、下腹部の脂肪を減らしてダイエットすることにより、男性器が大きく見えるようになります。

●包茎である

包茎も男性器を小さくする原因です。包茎とは、男性器の皮(包皮)が亀頭にかぶっている状態。

小さい頃は亀頭に皮がかぶっているのが普通の状態ですが、思春期を迎えて男性器が大きくなりはじめると自然と皮がむけて、亀頭がさらけ出すようになります。

ですが、人によっては亀頭に皮がかぶったままとなり、通常時はもちろん、勃起しても亀頭に皮がかぶったままの男性がいます。

仮性包茎というのは通常時は亀頭に皮が半分くらいかかっている状態です。勃起状態では完全に皮がむける状態のことをいいます。

真性包茎というのは、通常時も勃起状態も亀頭に皮が被っている状態の男性器のことをいいます。

他にはカントン包茎というのもあって、皮の先端部分が細くなっていて、勃起すると亀頭を締め付けてしまう包茎のことをいいます。

以上のように包茎というのはいろいろなタイプがありますが、どれにも共通していえることは、亀頭に皮が被っている状態のことを言います。

亀頭に皮が被っている包茎という状態は、男性器増大にはマイナス要因になってしまうのです。

包茎の男性器と正常の男性器では長さが1,2センチも違うというデータもあるくらいです。

包茎が原因で男性器が小さくなっている人は包茎をまず克服することにより男性器が大きくすることができるということです。